今野まき子 – 鎌倉の整理収納インテリアコーディネーター

事例:リビング・寝室・キッチン

Yさまはご自宅でマッサージの開業を予定されていてレッスンに申し込んでくださいました。

最終日は施術室の仕上げにアクセントウォールを貼らせていただいたのですが、私の事情をお話しすると娘連れでのレッスンを快諾してくださっただけでなく、壁紙を貼っている間娘に施術をしてくださったやさしいYさま( ;∀;)

こうして、不用品が詰め込まれ部屋としての機能を全く果たせなくなっていたお部屋が、もとからお持ちだった素敵なベンチと間接照明も活用して落ち着いた癒しの施術室に生まれ変わりました!!

フルタイムでのお仕事に加え、週末はマッサージの修行をされている勉強家で頑張り屋のYさま。

そのうえモノを大切にしたいと考えるとても真面目な方で、はじめにお伺いした時はかなりの物量を抱えて困り果てていらっしゃいました。

モノが片付かなくて困っていらっしゃる方にはこのようにとっても真面目な方が本当に多いように思います。
このような真面目な方はいろいろなことを頑張ったり気を使うのが優先になってしまって、「自分がどうしたいのか」「どうしたら自分が快適になるのか」そんな自分を大切にするということがついつい後回しになってしまいます。

整理収納の一番の基本は、
「家の中が片付いたその先にどんな暮らしを実現したいか」。

まずは目標をしっかりと設定することがとてもたいせつなのですが、Yさまはまさにこのお手本です。

Yさまのこれからの暮らし、人生をより良いものにするためにマッサージ院を開業する。

そのために優先するべきは何なのか、

これからの自分の人生にとって、何が必要で何が必要でないのか。

それがとてもはっきりしていたから、レッスンの進むスピードは本当に早かったです。

そして、家中のレッスンが終わった最終日には、それまでのレッスンの中で保留にしたモノもまた判断をし直されてびっくりするくらいの処分品が出ました。

今Yさまは片付いた家の中をほぼきちんと維持されています。

このことからもY様がずっとおっしゃっていたように、だらしがないから片付けられなかったのではなく、

〇片づける目標をはっきりさせる
〇自分がモノを持つ適量を知る
〇使いやすく片づけやすい収納のシステムをつくる

このことができていなかっただけだったということが明確にわかったわけです。

Yさまのような大きな目標でなくてもいいのです。

・「片づけに追われる時間をなくして家族みんなでにこにこ笑って暮らせるようにしたい」
・「毎朝ヨガをゆっくりできるスペースと時間を作りたい」
・「お友達をまねいてお家でお茶会がしたい」

どんなものでもいいので、自分がわくわく幸せな気持ちになれる目標をきちんと決めて、その目標をどれくらいで達成したいのか、そのためには今何を優先するべきなのか、何が必要で何が必要でないのかを考えてみてください。

一番大切なのは、
自分がどうしたら心地よく生きることができるかです。

自分が幸せじゃないのに、人を幸せになんてできませんよね?

そして、餅は餅屋、そのために必要なやり方やテクニックは私たち整理収納アドバイザーを使ってくださいね。

自分であれこれ考えるより、ずっとずーーーっと早く目標を達成できますから!!

y1

y2

y3

y4

y5

お気軽にお問合せください

PAGETOP